老人性脱毛症

老人性脱毛症(ろうじんせいだつもうしょう)とは、老化によって細胞の活動が低下し、加齢とともに徐々に毛髪が薄くなっておこる脱毛症のことです。

症状としては頭皮が乾燥し、皮膚から血管が透けて見えるという特徴が見受けられます。
男女の差は無く症状は進行し、頭髪だけでなく全身の体毛自体が薄くなります。

進行には個人差があるものの、誰にでもある老化による自然現象です。
男性の場合、男性型脱毛症と併発することが多いです。
日々の生活習慣やヘアケアに気をつけることで、健康な髪を保つことができます。

カテゴリー: 老人の薄毛・脱毛症, 薄毛・脱毛症の種類, 髪の毛の基本知識   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。