脱毛症の原因

私たちは日常生活において、さまざさな脱毛の原因にかこまれて暮らしています。
抜け毛が増える原因はいろいろ考えられますが、そのおもな要因として下記のようなことが挙げられます。

1.不規則な生活習慣や食生活
栄養が偏った食生活や不規則な生活パターンが抜け毛原因の大きな要因になっている場合があります。暴飲暴食や偏食、インスタント食品やアルコール、タバコなどを好んでいると、健康な頭皮や毛穴のコンディションを保つのが難しくなり、脱毛につながっていきます。

2.ストレス等の精神的な疲労
仕事そのものや人間関係や家族の仲、対人関係や精神的なショック、受験、多忙、環境の変化などのストレスは私たちの日常にたくさんあります。ストレスが引き起こす食欲不振や睡眠不足、肩こりや頭痛、イライラなどが抜け毛や薄毛の原因となりえます。

3.体質遺伝
やはり薄毛には、遺伝的要素が大きく関係しているようです。しかし手入れ次第では、薄毛を食い止めることが可能になってきました。最近の研究では、親や親類が薄毛でなくても遺伝子的に脂症体質であるとか汗をたくさんかきやすいという遺伝的要因で脱毛症になる人ががいます。

4.病気や薬による副作用
毛穴の中で24時間毎日髪の毛を造っている毛母細胞は、身体の中で一番活発に細胞分裂を繰り返している組織の1つです。病気や薬などの副作用によって細胞分裂が阻害され、脱毛に悩む人もいます。

5.体質や症状に適さない誤ったヘアケア
せっかくのヘアケアも、体質や症状に合っていないとかえって逆効果になります。

6.その他
ケガ、キズ、やけどなどの外傷や、過度のパーマ、染毛など、さまざまな原因でも抜け毛になることがあります。
ほとんどの場合これら複数の原因がからみあい、互いに影響しあっているケースがほとんどです。
また生活習慣や体質などによる個人差もあるため、効果的な手当のためには、まず脱毛原因の究明から始めることが必要です。

カテゴリー: 髪の毛の基本知識   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。