小児脱毛症の原因

子供の脱毛症の原因ははっきりとはしていないのが現状ですが、考えられている原因の多くは「食生活」と「ストレス」と言われています。

時代の変化によりファーストフードやインスタント食品を手軽に食べられるようになったことや、食生活の欧米化、生活面の乱れなど、子供にあまり好ましくないと思われる環境が、子供の脱毛症を引き起こしていると考えられているのが現状です。

そういった食生活のもとに置かれている子供の多くがアレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・喘息を併発するケースが多いとの報告もあるそうです。

子供の円形脱毛症は、治りにくいことが多いといわれることもありますので、かかりつけの小児科や皮膚科の担当医とよく相談し、あせらず根気よく治療を続けていく必要があります。

カテゴリー: 子供の薄毛・脱毛症, 薄毛・脱毛症の種類, 髪の毛の基本知識   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。